吹込み成形

吹込み成形

中空で薄肉のプラスチック部品を作成するために使用される製造プロセス。

利点

  • 金型は射出成形よりも安価です
  • 低生産率および高生産率に適しています
  • さまざまな種類の素材からお選びいただけます
  • 製品のリビジョンに対する柔軟性
  • サイクルタイムの短縮
  • ワンピース構造
  • 不規則な形状でもコアは必要ありません
  • 優れた耐応力性と耐クラック性
  • アルミ製の工具は安価です
  • 圧力下での部品の高いパフォーマンス

使用される熱可塑性材料

  • 低密度ポリエチレン (LDPE)
  • 高密度ポリエチレン (HDPE)
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)
  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリ塩化ビニル(PVC)

アプリケーション

プラスチック、中空、薄壁のボトルや容器などは、さまざまな形状やサイズで入手できます。小型製品には、水、液体石鹸、シャンプー、モーター オイル、牛乳用のボトルが含まれますが、大きな容器にはプラスチック ドラム、浴槽や貯蔵タンクなど。

吹込み成形